より美しくなれる美容整形クリニック|不具合を防ぐ

レディー

施術内容

女の人

二重まぶたの施術は、その予算や重視する観点によって方法が決定していきます。岡山の美容整形クリニックでは、カウンセリングによってそれらの点を明確にしてから施術を行なうことが一般的です。その過程や特徴を確認しましょう。
はじめに、あらかじめ注意したい点をお伝えします。それは、左右のバランスです。施術の内容によっては片目ずつの治療となることがあります。それは両目の治療が完了するまである程度の期間を要するということになりますので、左右のバランスが悪くなる期間が発生するという点については意識しておくと良いでしょう。岡山の美容整形クリニックで事前に行なわれるカウンセリングにて、あらかじめ確認することが求められます。
次に、二重まぶたの施術方法について見ていきましょう。二重まぶたには大きく三つの施術方法があり、それぞれ異なる特徴を持っています。岡山の美容整形クリニックにおいても用いられる手法のため、あらかじめ内容を把握しておきましょう。
まず紹介するのは「埋没法」です。埋没法は、他の施術と比べて安価で受けることができるというのが大きな特徴です。また、メスを用いた施術でないことから安全性が高くなっていることも利点と言えます。その分、ダウンタイムは他の施術に比べて長めとなります。ダウンタイムとは術後の腫れや違和感が収まるまでの期間のことを指し、この期間が短いほど日常生活に違和感なく戻ることができます。ダウンタイム期間中はどういったことに気を付ければ良いかや、あらかじめ岡山の美容整形クリニックで確認すると良いでしょう。クリニックによってその長さはまちまちとなることが多いです。
次に紹介するのは「部分切開法」です。この施術は、まぶたの表面にわずかなメスを入れ、その部分を縫い合わせることで二重まぶたを実現するという内容になっています。施術の際には二重のラインが外れないよう内部処理と呼ばれる癒着操作を施しますが、この内部処理が部分切開法に対して非常に重要です。
最後に「全切開法」について見ていきましょう。この方法は、特に幅広な二重まぶたをつくりあげる際に有効な施術となっています。全切開法の方法は、希望する二重の線に沿ってメスを入れるという点に特徴があります。そのため他の施術に比べてよりハッキリした二重まぶたへと仕上がりやすいのです。また、同時に脂肪も取り除きます。目の腫れぼったさに対して悩みを持っていた方はこの施術により解消されることが多くなっています。半永久的に効果が持続することも特徴です。
これら三つの施術の特徴を押さえ、ご自身に適した施術がどれなのか、あらかじめ検討しておくとカウンセリングがよりスムーズに進むことでしょう。