より美しくなれる美容整形クリニック|不具合を防ぐ

レディー

まぶたの特徴

ドクター

まぶたを構成するパーツは皮膚や皮下脂肪だけではありません。マイボーム腺や瞼板といった日頃耳にしないような名称のパーツも存在します。また、まぶたの開け閉めをするのに欠かせない眼瞼挙筋という筋肉も存在します。まぶた一つをとっても様々な部位に分かれることが分かります。岡山の美容整形クリニックでは、この基礎知識を有した医師が施術を行なってくれます。
まぶたの持つ機能は、人体の正常な動作にとって欠かすことのできないものです。その大きな役割は眼球の保護です。まぶたが閉じることでそれがシャッターのような役割を持ち、ゴミの侵入を防ぎます。同様に、乾燥も防いでくれます。まぶた内の各パーツも眼の正常な動作に一役買っています。マイボーム腺というまぶたの縁に存在している腺は、脂分を分泌します。それは涙と一緒に目を潤す働きをします。このように、人体の構成に関する数々の物理的な働きを有しているのがまぶたですが、それと同時に外見上においても重要な役割を担います。まぶたは表情の一部を形づくるため、人に与える印象に大きな影響があるのです。
ここから、二重まぶたについて確認していきます。一重まぶたとどう違うのか、構造的な特徴はなんなのか、詳しく見ていきましょう。まずはその構造についてお伝えします。二重まぶたを形成しているのは上眼瞼挙筋という筋肉です。この筋肉によりまぶたは開かれます。この筋肉は上まぶたの皮膚付近に近づくと枝分かれするという特徴を持っています。上眼瞼挙筋がまぶたを開くとき、その枝分かれ部分を引っ張ることにより二重が形成されるようになっています。その構造は、一重まぶたとは異なっています。一重まぶたは枝分かれの部分が皮膚まで繋がっていなかったり、あるいは繋がりが弱かったりします。その影響で二重にならないのです。
二重まぶたにはいくつかの形状があります。平行型、末広型、奥二重というものです。岡山で美容整形クリニックへ足を運び施術を行なう際には、これらの型に関する知識が有効かも知れません。まずは平行型に関してお伝えします。平行型は、二重の幅が目頭から目尻にかけて一定であることが特徴です。とくに欧米に多いタイプであると言われています。次に末広型です。このタイプは、目尻へと進むにつれ二重の幅が広がっていくことからその名が付きました。日本人女性にはこのタイプの二重が多いと言われています。最後に奥二重に関して紹介します。この二重の特徴は、まぶたの内側に二重部分が隠れている点にあります。一見して一重まぶたに見える場合もあることが、奥二重の特徴です。
岡山や全国に数多くある美容整形クリニックは、こういった点に留意して施術を行なってくれます。施術の前にはカウンセリングもあるので、気になる点はカウンセリングのタイミングで問い合わせてみると良いでしょう。岡山の美容整形クリニックは様々な質問に答えてくれます。